5月と6月のヨーグルト製造について


ヨーグルト製造回数を減らすことにしました。


世間でも言われていますが、

今月と来月は生乳が必要な量よりも

生産量の方が多く

生乳を廃棄しないように

北海道ではホクレンや乳業メーカーが

てんやわんやになりながら、綱渡りしながらも

酪農家が生乳を廃棄しないように

動いてくれてます。


先人たちが

「安定して必要な人のところに

安全な牛乳、乳製品を届けるしくみ」をつくった中で、酪農をすることができているんだなーって

改めて強く思いました。


今まで当たり前に、ローリーがきて

乳業メーカー(うちの場合はよつ葉乳業)が

製品を作ってくれて

必要な人が買ってくれてます。


そんな中、うちはこのままヨーグルト販売してていいのかな?と疑問に思うようになりました。


少しでも沢山の人に牛乳を飲んでほしいと思ったら、うちのヨーグルト1個で牛乳3本買える!!そしたら、付加価値つけてヨーグルトを販売する気持ちになれず、、、。

少しでも酪農のために、表現の一つとしての

ヨーグルト製造。

けれど、このような状況でも

うちのヨーグルト食べたいっと言ってくださる方

にまったくつくらないというのも

なんか、変だなと、、、


そこで、製造を月4回→2回に減らすことに。


ピークが6月までなので

予定では7月から通常通りにしたいと思っています。


ご迷惑おかけしますが、

「酪農」あっての「さくら工房」ですので

何卒よろしくお願いします。







最新記事

すべて表示

オンライン牧場体験(豪華版)

ブログのアプリのバージョンアップに私がついていずすっかりご無沙汰してしまい ごめんなさい! だいぶ前の話になってしまいますが記録のために残しますね。 8月24日25日に、オンライン牧場体験を15組4回計60組の親子対象にやりました これはJA全農が企画する、酪農と牛乳乳製品の魅力を発信する 「酪農プロジェクトの輪」の一環です。 JA全農協同乳業北海道の牧場(山岸牧場)が 「子供たちに酪農を身近に